2020/01/29

抜染のご紹介

遠目にはむら染めやブリーチのように見えるけど、

よく見ると葉っぱや花の柄の生地を層に見立てて切り替えた一枚。

ブリーチのように見えるけど、と書きましたが、実はこれもブリーチの一種。

柄の形の型を使ったプリントのインクをブリーチ剤にしたもの、と簡単に言ってしまえばそういうことでしょうか。

だから、普通色がつくところの色が抜けるんです!

この技法を抜染(ばっせん)と言います。

河谷シャツ以外でも、街で見かけたらまじまじと見てみてください!

同じような柄の現れ方をする技法には他に防染もあったりと、生地の世界は奥が深いのです・・・

【今日の主役】

Stratum(ストラタム)

いいねをシェアしよう!