owner

着る人を、愉しく元気にするシャツを作りたい。

ファッションはもっと自分本位であるべきでは?
『河谷シャツ』はいつもそんな問いかけをしながら、シャツ作りを行っています。
今、多くの人が没個性の洋服を着て、それを自分の着こなしだと思い込んでしまっている。おそらく流行を追いかけすぎてしまっているからなのでしょう。
皆と同じものを着て、安心感を得て、満足している。少なくとも満足した気分になっている。果たしてそれが、ファッション本来の愉しさだと言えるでしょうか。
河谷シャツのポリシーは、絶対に他にはないシャツを作ることです。
河谷シャツを着た誰もが、愉しい気分になり、ワクワク感に満ち、元気が出る。
そんなシャツを作ろうと心がけています。流行に左右されず、着る人の個性を引き出す1枚を、魂を込めて作っています。

どこにもないシャツを作るために、ありきたりの<生地>※1は使いません。世界各地へファブリック・ハンティングに赴き、珍しくて、面白くて、上質な生地を探し出しています。限られた生地を使い、さらには異素材や別柄の生地を組み合わせた個性的な<デザイン>※2ゆえ、残念ながら大量生産はできません。1モデルあたりせいぜい30枚ほどの限定生産です。しかしこのことが、他の誰ともかぶらない自分だけのシャツとして、より深い愛着を持ってもらえるはずだと信じています。

デザインの複雑さと少ロット生産のため、腕利きの職人が製作しています。1枚1枚に、ハンドメイドならではの味わいが備わっています。

一番は、遊び心のわかる大人の男性に着てほしい。けれどもミドルエイジの男性にとって共通の悩みは、きっと体型のことではないでしょうか。ご安心あれ。体型をカバーリングする絶妙な<シルエット>※3を採用しています。とはいえ、河谷シャツのシャツは冒険的で挑戦的。そんなふうに思われる方も少なくないと思います。自分にはとても着こなせない、そう決めつけてしまう人もいるでしょう。けれども一度、思い切って袖を通してみてください。意外なほど上手く着こなせている自分を発見するはずです。そして驚くほど愉しい気分になっている自分に出合えるはずです。河谷シャツを着ることで、洋服を着る喜びを改めて感じていただけるなら、こんなにうれしいことはありません。

「河谷シャツ」のこだわり

生地

世界各地で探し出した個性的でユニークな生地のみを、厳選と吟味を重ねた上で採用しています。

デザイン

異なる素材や柄の組み合わせの妙を、試行錯誤を繰り返して決定しています。リリースに至るモデルは、「河谷シャツ」として本当に納得のいくものだけです。

シルエット

全体的にほどよいゆったり感がありますが、前身頃を小さく、後ろ身頃を大きくとることで、前から細身に見えるシルエットを採用しています。

会社概要

商 号 有限会社ブレインズ・インターナショナル
設 立 1996年11月
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 河谷 義人
所在地 東京都新宿区西新宿4-2-18 三共西新宿ビル6F
連絡先 TEL (03)6276-4789    FAX (03)6276-4790
従業員数 12名
取引銀行 三菱東京UFJ銀行
主要取引先 (株)LDHアパレル、(株)千趣会、高島(株)、(株)ファスサンファールデザインハウス、(株)楽天、(株)ヤフー (五十音順)
事業内容 紳士婦人子供服のODM事業、河谷シャツの企画製造販売事業、ホームテキスタイル事業
売上高 3億6千万円